歯列矯正装置


歯の表側に装置を付けるタイプのもの、歯の裏側に装置を付けるタイプのもの、またセルフ・ライゲーション(self-ligation )タイプのものなど各種矯正装置をご用意してみなさまのご希望をもとに、もっとも適した装置をお勧めいたしております。

メタルブラケット 最も一般的な装置です。セラミックのブラケットよりもやや小さく、歯の動きが良い。
白いブラケット 歯の色に近い白色のブラケットです。クリッピーC、デーモン、クリアスナップ、クリアティなど各種ご用意しております。
舌側矯正(上の歯) 歯の裏側に装置がついているので、見た目はほとんどわかりません。しかし、違和感や、発音の影響が上記の装置よりも大きいです。STb、クリッピーLなどをご用意しております。
舌側矯正(下の歯)
保定装置

(リテーナー)

歯を動かし終わった後に、歯の位置を安定させるために使用する装置です。

この段階になると、自分で装置の着脱が可能です。(たとえば食事の時など)


※セルフ・ライゲーション(self-ligation)とは
セルフ・ライゲーション(self-ligation)とは、通常の矯正装置はワイヤーとブラケットはゴムや細いワイヤーで結紮するのに対してセルフ・ライゲーション(self-ligation)はゴムや細いワイヤーを使わず、ブラケットに装備してあるシャッターのような蓋を開け閉めすることでワイヤーを取り外したり固定したりします。
このことで診療時間の短縮、ワイヤーとブラケットの摩擦が小さいため弱い矯正力で歯を動かすことができるという利点があります。